2021年2月11日木曜日

 2021211日【ゲリラ的人生】

最近は、海外の投資家と頻繁に話をしてて(オンライン会議のメリット)、日本の投資家と目線というかロジックの組み立て方が全く違うことを実感。

 

まぁ、これは昔から感じていたことだけど、なんかここ数年で、この違いがさらに拡大した気がする。

 

困ったことに、日本の研究費を出すエージェンシーや、研究を評価するアカデミアの研究者が、これまた国内の投資家と同じような目線で同じようなロジックを展開する。

 

いつからこうなってしまったのか。具体例をここに書くことは控えるけど、これはかなり問題。

 

2009年に日本に来た時はある程度覚悟はしていたものの、ここまでになってしまうとは正直想像だにしていなかった。

 

まぁ、僕の人生は、何事にもゲリラ的なので、そう簡単にはこのような周りに引きづられることはないとは思っているけど、油断大敵かなとは思う。

 

より感覚を研ぎ澄ましてゲリラ的人生を全うする。「コンタクト」という映画を思い出しました。

2021年2月1日月曜日

 202122日【僕の役目】

僕が、物心ついた時にはすでに自分はサイエンティストになると思っていた。小学生の時から、自宅で研究して、両親や弟や親戚の叔母さんに、その研究の結果を見せて説明するのが楽しみで仕方なかった。そして、それを見せると両親も弟も叔母さんも、「へぇ〜」と驚いてた。その驚きを見るのが嬉しくて仕方なかった。そして、もっと研究して、両親も弟も叔母さんも見たことない考えたこともないものやことを僕が見せてあげる、そして、それを見て驚いてくれる、これが嬉しくて仕方なかった。

 

僕らサイエンティストが全身全霊を込めて研究することで、世界中の誰も知らない見たことのない景色を見つけて(発見して)、それを世界中の人たちに見せてあげることで、世界中の人たちが想像すらしていなかった全く新しい世界・景色を見ること・感じる・体験ができる。

 

とてもシンプルなことだけど、それが、サイエンティスト冥利につきると僕は思っている。そして、それがサイエンティストという職業を選んだ者の役目だと思っている。

 

芸術家が、絵や音楽で、世界中の人たちに現実の世界では経験することのできない世界を感じ・浸れるに時空間を提供しているように。

 202121日【自家中毒】

先日、昔話をしていて、どうも僕は、かなり幼児の頃から、異常な知的好奇心を持っていて、その好奇心を満たすためには周りの大人たちも「異常」と感じるくらい妥協しない行動をしていたそうだ。

 

無数の逸話と異常行動話があるので、それらについては、別の機会にここに書く(書ける)時がきた時に書くこととするけど、確かに、思い出すとそうだった気がする。

 

今、58歳だけど、今でも知的好奇心は「異常」レベルであることは自覚している。そして、それを満たすためにかなり「異常な」行動をする(している)ことも自覚している。

 

ただ問題は、歳をとってくると、この異常なレベルの知的好奇心とそれを満たすための異常行動は、次から次へと蓄積し、膨張するので、大変なことになってしまう。そして、これらをギブアップすることへの恐怖心が常にあるので、これらは永遠に膨張し続け、精神的にも身体的にもとんでも無いことになる。

 

でも、ある意味、中毒症状のようなものなので、自分で止めることはできない。

 

因みに、僕は小学校の低学年の頃は、「自家中毒(原因は、班替えやクラス替えや新しい人と関わることからくる精神的緊張によるストレス)」で学校をよく休んでいた。その度に、クラスでは、「佐藤は理科中毒でお休み」と言われてた。

2021年1月2日土曜日

 202111日【初日の出】

Sunrise on the first day of 2021. Looking eastward from my living room window.



2020年12月21日月曜日

 20201221日【AIパンデミック】

AIパンデミックに関してコラムを書きました:

 

https://karydo-tx.com/2020/12/21/ai201221/

 

2020年11月14日土曜日

 20201114日【不謹慎な話】

世の中コロナで大変な時期に不謹慎だけど、コロナ時代になったおかげで「個人的に」助かっていること:

 

1. 出張が皆無になったこと

これまで、何かあると物理的に移動しないといけないことがほとんどだったけど、コロナ時代になってからは、全てがオンライン。今年の3月以降、出張は皆無。そのおかげで、出張経費がゼロになったし、出張の移動に使っていた時間をもっと研究やその他意味のあることに使えるようになった。

 

2. 会議が全てオンラインになったこと

これまでは、ちょっとした会議でもF2Fだったけど、全てオンラインになったので、時間が有効に使えるようになった。会議もオンラインだと、無駄口がほとんどないので、超効率的に短時間で完了できる。また、会議がオンラインだと、本当にやるべき会議のみ開催するという傾向に僕の周りではなっているので、無駄な会議を開催しなくて良くなっている。

 

3. フードデリバリーサービスが日々多様化・充実・拡充していること

コロナで外食が激減したおかげで、各種フードデリバリーが日々多様化・充実・拡充している。UberEatsも、日々登録店が激増しているし、Woltとか新しいデリバーリーサービスも出てきたりしているし。なので、日々、手軽に・気軽に、世界中のいろんな食べ物が日々エンジョイできる。僕は、大阪市内に住んでいるので、UberEatsを頻用しているけど(Woltはまだ大阪には進出していない)、毎日のように新しいお店が登録されているので、こんなお店あったんだ、みたいなところの食べ物が簡単に試せる。これまでは、実際にお店に行かないと食べられなかったようなのが、簡単にオンラインでオーダーして家で食べれる。

 

 

もちろん、上の1、2、3も、別の角度から見れば、実はデメリットもあるのだけど、本日はとりあえず、メリットの部分のみ記載アップ。

2020年10月30日金曜日

 20201030日【5分の1

21世紀ももう2ヶ月で、その5分の1が完了しようとしている。人生100歳だと、一人の人間が1世紀生きることになるので、「100年に一度」なんて言葉が陳腐に感じ始める。1000年でもたったの10世代なので、たかだか知れている気がしてきている。1億年でようやく100世代になるので、何かが起こっても不思議でない。

 

そう考えると、人間が考える「時間」はちっぽけだと思う。宇宙というか、自然界というか、そういうところにある時間は、人間をはるかに超えているし、まぁ、人間がいなくても時間は経過する。

 

どちらにしろ、僕に測れる時間は、自分の時間なので、自分の時間に従って、日々を送る、という小ちゃな時空間の中での話。

 

僕ぐらいの年齢になると、場合によっては退職までの年数数えて日々送っている人たちも結構いるし、第二の人生を策略してる人たちもいるし、すでに第二の人生を歩んでる人たちもいる。人それぞれ。

 

で、僕はというと、変わらず研究100%の生活。思えば、小学校に上がるか上がらない頃には、すでに家で実験(研究)してたので、そういう意味では50年以上研究していることになる。人生100歳だと、人生の半分以上をすでに研究中心に過ごしてきてることになる。

 

ということで、これからも変わらない人生。