2023年1月7日土曜日

2023年1月7日【骨の髄までサイエンティスト】 #IamScientist

 202317日【骨の髄までサイエンティスト】 #IamScientist

明けましておめでとうございます。

この歳になると、自分が死ぬ時、どういう姿で死にたいか、ということを日々考える。

 

僕は小学校に入学した頃からサイエンティストとしての一生を送りたいと思っていて、今もそう思っている。その理由は、自分の5感全てと頭で自然界の成り立ちや仕組み、そして、その意味を知りたい・感じたいという、強い好奇心と、そういう知的作業に中毒になっているから。

 

そして、職業としてもサイエンティストを選んで今に至っている。

 

でも、周りを眺めると、キャリアが進めば進むほど、研究プロジェクトを取りまとめる、研究チームを取りまとめる、といった研究マネージャー(一般的には「ボス」)という立ち位置に快感を覚えてしまう「元サイエンティスト」が多くなる。

 

これは米国でも日本でも同じ傾向にあるのだけど、最近の日本は特にその傾向に極度に偏ってきていると感じている。

 

もちろん、そういう人材は必要なのだけど、真のサイエンティストとしてのグローバルな大成功体験がない人がマネージャー・トップになると碌な事にはならない。

 

米国だと、数は少ないのだけど、そういうマネージャー・トップは存在する(例:HHMI)。でも、日本の場合、真のサイエンティストとしてのグローバルな大成功体験がないまま、何故かマネージャーになったり(なれたり)研究機関のトップになっている(なれたりしている)人が極度に多い(もちろん、そうでない人もごく僅かだがいるにはいる)。

 

問題は、そういう方々が、そういう認識が無く、自分はサイエンティストとしての成功体験がある、と勘違いしたままマネージャーになったり研究機関のトップになっているので、厄介である。周りも、それをそのまま受け入れているので。

 

まぁ、人は人で、僕は、そうはなりたくない、という危機感は常に持ち続けて、博士号を取ってからこれまで40年弱研究に携わっている。

 

僕は、自分が死ぬ時は、「サイエンティストとしてのレガシー」を残したいと熱望している。

 

そして、今年も、それに一歩でも近づければと思う。

2022年12月24日土曜日

2022年12月24日【自分の人生vs他人の人生】 #MyLife #OthersLife

 20221224日【自分の人生vs他人の人生】 #MyLife #OthersLife

自分の人生を生きるか、他人の人生を生きるか、人それぞれ生き様はある。死ぬ時は皆悔いを残して死ぬものだと僕は思っているので、ある意味、どちらを選ぶかにロジックは無い。

 

まぁ、選ぶといっても、選ばないで、どちらを生きるべきか考えながら一生を終えるのも一つの生き方。

 

正解はない。

 

どっちを選んでも、きっと色々と後悔しながら死ぬのだと思う。

 

さぁ、今年も後数日で終わり、新年がやってくる。

 

時間は自分の存在とは関係なく流れる、だけど、その時間の流れを感じるのは自分。

 

皆さま、生きましょう!

2022年11月29日火曜日

2022年11月29日【僕の研究目的】 #研究目的 #ResearchObjective

 20221129日【僕の研究目的】 #研究目的 #ResearchObjective

一般的に研究は、XXXを明らかにした(する)、のが目的のように言われているし、おそらく大多数の研究者はそういう目的で研究しているのだと思う。

 

でも、僕の場合は違う。

 

僕は、選んだ研究の対象(現象、メカニズム、などなど)に関して、何がどう分からないのか、を明確にするのを目的に研究している。

 

つまり、ある対象を研究することで、次の研究対象を見つけ出す、ために僕は研究をしている。

 

そもそも、何かが分かった(明らかになった)、なんて、人間の単なる思い込み。自分の色眼鏡で見たいものを見たいように見て、自分よがりに解釈・説明しただけ。

2022年11月25日金曜日

2022年11月25日【諦めたら終わり】 #諦めたら終わり #IamJapanese #僕は日本人

 20221125日【諦めたら終わり】 #諦めたら終わり #IamJapanese #僕は日本人

僕は子供の時から日本の「年功序列、狭い社会、集団圧力、個では弱小で集団で群れることで自分が強者と勘違いしている多くの大人たち」が嫌で、22歳の時に米国に移住して、その頃は、日本に帰ってくるとは思っていなかった(帰りたいとも思っていなかった)。

 

でも、40歳を過ぎた頃から、「Who am I?」という疑問が頭によぎり始めて、結局、日本人として死ぬには日本の土地にしっかり根を張って日本からグローバルに発信すべき、と考えるようになって47歳になる数ヶ月前に日本に帰ってきた(本当は、こんなに単純ではなくてもっと複雑で書くと長くなる理由なのだけど、そのことはいつかどこかに書こうと思う)。

 

そして、日本の「年功序列、狭い社会、集団圧力、個では弱小で集団で群れることで自分が強者と勘違いしている多くの大人たち」を「個」としてぶっ壊してやる、と思って色々と立ち回ったけど(乱闘も沢山したけど)、やっぱり「個」は「群」には勝てないなと嫌というほど思い知らされた。

 

もっと賢い人間なら「個」から始めて同志を草の根的に少しずつ増やして、と戦略的にやるのだろうけど、僕はそういう賢い人間ではないし、ある意味、そういう賢い人間には全く憧れていない。そもそも、そういう賢い人間が、今の年功序列や狭い社会を作ったと僕は確信しているので、、、。

 

じゃぁ、どうするか、諦めるかな、と思うことも多々ある。いっそのこと、諦めて、また米国に帰るかな、という考えも実は時々頭をよぎる。

 

けど、「諦めたら終わり」だし、僕が米国に帰ったところで、僕が日本人であることには変わりはないし、そういう日本人が自分の国や文化や社会をProudに思えないことは、非常に悲しいし虚しい。

 

なので、まだ諦めてはいない。

 

2022年11月3日木曜日

2022年11月3日【大学ファンド】 #大学ファンド

 2022113日【大学ファンド】 #大学ファンド

いよいよ10兆円規模の大学ファンドへの公募が始まって来年秋には採択大学が決まるらしい。

 

10兆円のファンドをJSTが委託するファンドマネージの会社が運用し毎年3千億円程度の運用益が見込まれるそうで、それを採択された各大学へ配るそう。

 

10兆円ファンドで運用益3千億円の運用益って、3%の運用益、、、低すぎ、、、最低でも5%の運用益はないと、ファンドマネージャー何やってんの、です。

 

そして、今このような世界的な状況下で、アメリカの大学も、寄付などの基金の運用益が激減していて、マイナスになっているところもあるのに、日本のこのファンド、運用益がマイナスになったら、各大学への分配はゼロになるのだろうか、、、。今、ファンド立ち上げて、運用益を分配なんて、タイミング悪すぎ。

 

例え、運用益プラスになっても、毎年かなり上下するので、各大学への分配金もかなり上下する。

 

僕が、コーネル大学の教授だったときは、Joseph C. Hinsey Professorだったので、これもJoseph C. Hinseyさんが寄付をされてできた基金で、その運用益が毎年数千万円あって、それが僕のラボに毎年来てたのだけど、年によってかなり上下した。リーマンショックの時なんて激減したし。

 

こういうの分かって大学は応募するのかな、、、。

 

まぁ、兎に角、僕個人的には、無いよりあった方が良いけど、日本の大学でのサイエンスへ大きなインパクトはもたらさないだろうというのが予測。

2022年10月27日木曜日

2022年10月27日【数学や数理情報学が異分野を融合する】 #informatiX

 20221027日【数学や数理情報学が異分野を融合する】 #informatiX

 

僕のEducationalBackgroundNeurobiologyだけど、PIになってからは血管形成や循環器系の発生や疾患の研究を20年くらい中心にやってきた。

 

2005年にコーネル大学医学研究科に移動してからは、数学や数理情報分野の概念や手法をゼロから自分で学んで(コーネル大学や他大学のその分野同僚に沢山教えてもらいながら)ラボの研究に少しずつ取り入れてきた。

 

2009年に日本にラボをオープンしてからは、それをさらに加速して、今は、かなり大々的にラボの研究にIntegrateしている。

 

僕が数学や数理情報学を研究にfull-integrationさせているmotivationは:

 

「数学や数理情報学が異分野を融合する」

 

数学や数理情報学は、医学、バイオ、物理、化学、工学、もっと言うなら芸術や音楽も、といった異分野を一つに繋いでくれる。

 

革新的な概念やテクノロジーは異分野の融合で生まれると思っているので、それを目指している僕の研究には、数学や数理情報学の概念や手法は必須。

 

そういう背景で、僕は”InformatiX”というKey Word2019年に提唱して中谷財団の長期大型プロジェクトに採択された。

 

“X” は、X次元というのが表向きの意味なのだけど、実は、mathematicsinformaticsで、異分野を融合させて、これまで存在しなかった学問領域や概念やテクノロジーを創造する、つまり「Xを創造する」、というのが根幹の意味。

 

Baby-stepsだけど、この目指す姿が少しずつ形を成してきているかな、と思う。

 

2022年9月13日火曜日

2022年9月13日【基礎研究から臨床】 #基礎研究 #臨床 #理想系 #非理想系

 2022913日【基礎研究から臨床】 #基礎研究 #臨床

 

僕は人間の身体機能や健康や病気を出口にした基礎の基礎の基礎の研究を(学生の頃を含めて)40年以上している。その中でイヤというほど分からさられたこと:

 

基礎研究でメカニズムが分かっているのに、病気には治せない場合が無数にある

 

ということ。

 

もっと踏み込むと、メカニズムの詳細が分かっていて、そのメカニズムに基づいた薬も存在し、臨床試験(治験)で安全性が確認され、効果も確認されていても、その病気が治せない場合が数多くある。

 

もちろん、治ることも数多くあるのだけど、同じ病気で同じ治療を受けても、治る場合もあれば治らない場合もある。

 

単に個人差だけでもない。

 

理由:

僕ら基礎の研究者は、システムをできるだけ綺麗にして理想的なシステムの中だけでストーリーを作る(つまり、メカニズムの説明をする)。

 

でも、実際(リアルワールド)には、そのような理想的なシステムはほとんど存在しない。個人差はもちろん、とても複雑な環境や生活様式の違い、患者さんの気分の違い、過去やその時の生活の違い、などなどが掛け算以上に影響してくる。そもそも、「環境」とか「生活様式」とか「気分」とか、具体的に「何?」ということすら、無数にあり、あやふやなことも数えきれないくらいある。

 

サイエンスで解明するには、定義ができないと解明できないのだけど、理想的で綺麗なシステム内でのみの定義しか現状できないので、理想系で解明されたことが、リアルワールドでは一挙にことごとく崩れてしまう。

 

個人的には、理想系ではなく、従来のサイエンスでは定義しにくい(できない)リアルワールドの系でも通用する科学的体系や科学的アプローチができないか、と日々苦悩している。